2017年5月24日水曜日

タイの現地採用として働くなら転職は悪ではないということ

タイで働くときは、
駐在員、現地採用、自ら起業するという
3つの選択肢があります。


タイで現地採用で働く決意をした人は
足元を見られないように
仕事を選ぶ必要があるという話をしました。

くわしくは
タイで働くには現地採用と駐在という言葉がある

現地採用の場合は仕事を選ぶ必要がある
と書きましたが、
それと相反するかもしれませんが、
「仕事は選びすぎる必要はない。」
という側面もあります。


仕事は選び過ぎる必要はない
とはどういうことか?


タイという国は日本とは違って
転職をすることが悪ではありません。


転職をするということは
給与を上げるため、
労働環境をよくするための
一つの有効な手段なんです。

そのため、
変に気合を入れ過ぎて、
一度選んだからには転職なんかしない!
なんて思いでいると、
返って自分に適していない仕事を
続けて苦しむということもあります。


日本でどんなに考えていても
実際にタイで働いてみないと
本当の労働環境なんてわかりませんよね。


だとしたら、
ずっと迷い続けるよりも
まずは決意をしてタイで働いてみる。


そして、ダメな会社だと思ったら
見切りをつけて
人材派遣会社に登録する。
もしくはフリーペーパーで探す。


そうやって仕事を変えていくことで
自分のタイでの生活を
より良くすることができるのです。


タイで現地採用で働こうと思っている人は
日本でどんなに考えていても
最後の最後はわからないので、
思い切って飛び込んでみる。


タイの現地で転職をして自分に適した会社を探す。
ということを選択肢として考えてみてくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿